FX外国為替証拠金取引FXの商材 株式投資情報 11月28日

11月28日(月曜日)の株式投資情報です。(10時17分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



日本金銭機械など再び活況高、「カジノ法案」審議入りの可能性が再燃
■自民党の竹下国対委員長が言及と伝えられ関連株の動意活発 28日朝の東京株式市場では、カジノ関連株が再び人気化し、10時にかけて日本金銭機械<6418>(東1・売買単位100株)が6%高の1599円(89円高)、オーイズミ<6418>(東1・売買単位100株)は5%高の716円(31円高)、セガサミーホールディングス<6460>(東1・売買単位100株)は4%高の1690円(59円高)などとなっている。 自民党の竹下亘国会対策委員長が27日にカジノ解禁を含む「統合型リゾート施..

日本アジア投資は大ヒット映画「君の名は。」の中国興行権が材料視され連日ストップ高
■投資先のアクセスブライト社が興行権を獲得 日本アジア投資<8518>(東1・売買単位100株)は28日、取引開始後に604円(100円高)まで上げ、3日連続ストップ高となった。記録的な大ヒットと伝えられているアニメ映画「君の名は。」の中国での興行権やテレビ、インターネットでの諸権利を投資先のアクセスブライト(東京都港区)が獲得したことが引き続き材料視されている。 600円台は2015年7月以来。価格帯別の出来高では目先的な上値のフシを突破したため、同年3月につけた850円ど..

伊藤忠商事は業績好調で目標株価の引き上げなど好感し年初来高値を連日更新
■対露経済協力関連銘柄として思惑視する動きも 伊藤忠商事<8001>(東1・売買単位100株)は28日、年初来高値を連日更新する始まりとなり、取引開始後は1580.0円(23.5円高)をつけた。先の四半期決算発表で3月通期の営業利益の見通しを増額修正するなど業績が好調で、みずほ証券が24日付で大手商社株の目標株価を引き上げ、伊藤忠商事の目標株価はこれまでの1650円を1800円に見直したことなどが好感されている。 PERは7倍台なかばのため大手商社株の中でも割安感がある。また..

アドアーズは17年3月期通期予想に増額余地、VR施設を12月16日オープン予定
 アドアーズ<4712>(JQ)はアミューズメント施設運営の総合エンターテインメント事業を主力として、不動産事業、商業施設建築事業、店舗サブリース事業を展開している。17年3月期第2四半期累計は大幅増益だった。通期も大幅増益予想で増額余地がありそうだ。グリー<3632>と業務提携したVRエンターテインメント施設「VR PARK TOKYO」を東京・渋谷に12月16日オープンする。株価は調整一巡して戻りを試す展開が期待される。■Jトラストグループで総合エンターテインメント事業な..

インテージホールディングスは自律調整一巡して上値試す、17年3月期増益・4期連続増配予想でAI関連も注目
 インテージホールディングス<4326>(東1)は市場調査の国内最大手である。消費財・サービス分野のマーケティング支援事業が好調に推移して、17年3月期第2四半期累計は増収増益だった。通期も増収増益予想、そして4期連続増配予想である。株価は10月の年初来高値から一旦反落したが、ビッグデータ・AI関連としても注目され、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。■市場調査大手の持株会社、システムソリューションなども展開 子会社インテージが展開するSCI(全国個人消費者パネル調査)や..

日経平均は円高など受け8日ぶりに反落して始まりTOPIXは12日ぶりの反落模様
 28日(月)朝の東京株式市場は、円相場が前週末の1ドル113円台から同112円台に戻る円高基調となったことなどが影響し、日経平均は前週末までの7日続伸から小反落の78円64銭安(1万8302円58銭)で始まった。TOPIX(東証株価指数)は前週末までの11連騰から小反落となっている。

TACは17年3月期第2四半期営業減益だが通期大幅営業増益・増配予想
 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」運営を主力に、M&Aも活用して教員、医療、介護、語学など新領域への事業展開を強化している。17年3月期第2四半期累計は営業減益だったが、通期は大幅営業増益予想、そして増配予想である。株価は徐々に下値を切り上げている。指標面の割安感も見直して戻りを試す展開が期待される。■財務・会計分野を中心に「資格の学校」を運営 財務・会計分野(簿記検定・公認会計士など)、経営・税務分野(税理士・中小企業診断士など)、金融・不動産分野(宅建・不動産鑑..

サンコーテクノは下値固め完了感、17年3月期営業減益予想だが中期的に収益拡大期待
 サンコーテクノ<3435>(東2)は建設用あと施工アンカーの最大手で、センサー関連商材の測定器も展開している。17年3月期第2四半期累計が計画を下回り、通期も営業減益予想となったが、中期的に20年東京五輪や国土強靭化政策など建設関連の事業環境は良好であり、収益拡大が期待される。株価は下値固め完了感を強めている。指標面の割安感も見直して反発が期待される。■ファスニング事業と機能材事業を展開 ファスニング事業(あと施工アンカーやドリルビットの開発・製造・販売、太陽光関連・土木建..

松田産業は17年3月期減額修正の影響限定的、低PBRも評価して上値試す
 松田産業<7456>(東1)は貴金属関連事業および農林水産品販売事業を展開している。17年3月期第2四半期累計が大幅減益となって通期予想を減額修正したが、株価への影響は限定的のようだ。0.7倍近辺の低PBRも評価して上値を試す展開だろう。■貴金属リサイクルや農林水産品販売を展開 貴金属リサイクル(貴金属事業)や産業廃棄物処理(環境事業)などの貴金属関連事業、および農林水産品を扱う食品関連事業を展開している。16年3月期の売上高構成比は貴金属関連事業64%、食品関連事業36%..

日本エム・ディ・エムは17年3月期第2四半期累計が計画超の大幅増益で通期も増額余地
 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器商社である。米国子会社ODEV製品の拡販で自社製品売上構成比が上昇して収益力が向上している。17年3月期第2四半期累計は計画超の2桁増益だった。通期予想にも増額余地がありそうだ。株価は戻り高値圏でモミ合う形だが、好業績を評価する流れに変化はなく、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。■整形外科分野の医療機器商社、メーカー機能を強化して自社製品構成比上昇 人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を..

平山は17年6月期第1四半期赤字だが、通期大幅増益予想で収益改善期待
 平山<7781>(JQ)は国内製造業向けインソース(製造請負)・派遣事業を主力として、技術者派遣事業や現場改善コンサルティングサービスなども展開している。17年6月期第1四半期は赤字だったが、通期は採用体制を強化して大幅増益予想である。収益改善が期待される。株価は安値圏モミ合いだが下値固めが完了し、割安感も見直して反発が期待される。■国内製造業向けインソース(製造請負)・派遣事業が主力 国内製造業向けのインソース(製造請負)・派遣事業を主力として、連結子会社トップエンジニア..

アールシーコアは下値固め完了して基調転換の動き、高配当利回り見直して戻り試す
 アールシーコア<7837>(JQ)はログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売している。17年3月期第2四半期累計業績が計画を下回り、通期の業績予想も減額修正したが、株価は下値固めが完了して基調転換の動きだ。4%台後半の高配当利回りも見直して戻りを試す展開だろう。■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を、国内直販部門、連結子会社BESSパートナーズ(BP)社、およ..

ミロク情報サービスは17年3月期第2四半期累計が計画超の大幅増益、通期予想に増額余地
 ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売やコンサルティングサービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野など新規事業も強化している。17年3月期第2四半期累計は計画超の大幅増益だった。ストック型収益構造であることも考慮すれば通期増額余地がありそうだ。株価は上場来高値圏から反落したが、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。■財務・会計ソフトの開発・販売およびサービスが主力 会計事務所(税理士・公認会計士事務所)と、その顧問先企業である..

【作家・吉田龍司の歴史に学ぶビジネス術】坂本龍馬に学ぶ必勝の「パクリ」術
■近代音楽に「オリジナル」は存在しない!? 今年も残すところあとわずかとなった。 世相的にはかなり騒然とした1年だったが、ひとつ印象に残っているのは東京五輪エンブレムをめぐるデザイナー佐野研二郎氏の疑惑事件、いわゆる「パクリ」騒動である。密室的な審議委員会の選定、Facebookでの「パクられ元」作者の告発、ネットでの「炎上」から佐野氏のデザイン取り下げまでの過程、すべてが印象的だった。 事の是非はともかくとして、ふと考える。この世にまったくのオリジナルというものは存在するの..

テクマトリックスの株価は、2ケタ増益にもかかわらず第2四半期発表後下降トレンドで推移
■受注残高は122億31百万円(前年同期比13.4%増)と豊富 テクマトリックス<3762>(東1)の株価は、2ケタ増益にもかかわらず第2四半期発表後下降トレンドで推移している。下げ要因の一つとして、第2四半期の営業利益の進捗率が前期の45.7%に対して今期は36.1%と進捗が遅いことが挙げられる。 しかし、第2四半期の受注残高は122億31百万円(前年同期比13.4%増)と豊富である。そのため、今期17年3月期連結業績予想は、2期連続の最高益更新を見込む。また、配当について..

うかいの第2四半期は、当初予想を下回るものの、定休日拡大による営業日数減を跳ね返し、増収増益で黒字転換となる
■増収効果に加え、仕入れ原価率の改善、経費削減が人件費の増加をカバーしたことで大幅増益 うかい<7621>(JQS)の第2四半期は、当初予想を下回るものの、定休日拡大による営業日数減を跳ね返し、増収増益で黒字転換となった。 第2四半期業績は、売上高61億36百万円(前年同期比3.9%増)、営業利益1億19百万円(前年同期△10百万円)、経常利益93百万円(同△38百万円)、純利益49百万円(同△49百万円)であった。 売上高については、飲食事業では、定休日拡大による営業日数の..

【小倉正男の経済コラム】トランプ氏のTPP離脱:アメリカどころか世界をブッ壊す?
■アメリカをブッ壊す 次期大統領のトランプ氏が、TPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱を明言した。トランプ氏は、多国間貿易協定ではなく、2カ国間貿易協定を結ぶとしている。 トランプ氏は、大統領選挙中に「2カ国間貿易協定では、最もタフで賢い交渉担当者を任命する」と語っていた。どうやら、そうしたことが現実味を帯びている。 大統領選挙中とは違うトランプ氏を期待する面がないではなかった。だが、「君子豹変」とはならなかった。トランプ氏の「孤立主義」「保護主義」は“筋金入り”ということ..

ビジネスも株投資も時間を味方とすべし=犬丸正寛の相場格言
■ビジネスも株投資も時間を味方とすべし 誰にも平等な時間ですが、同時に誰にも容赦なく過ぎていきます。今、良いと思うビジネス、今、良いと思う銘柄であっても次の瞬間、姿、形を変えてしまうものです。とくに、企業では規模の大きい額の設備投資や個人投資家のまとまった株投資は、時間を味方にしないで敵に回すと、企業なら経営不安、投資なら大損の恐れさえあります。 数日先なら今の時間の流れが続くとみていいでしょうが、年単位での時間経過となれば延長線上的な発想思では時間は味方になってくれません。..

アールシーコアの今期第2四半期は、直接販売が順調で、増収となったものの、組織体制強化等による販管費増により減益
■通期売上高は、過去最高の136億50百万円を見込む ログハウスのアールシーコア<7837>(JQS)の今期第2四半期は、直接販売が順調で、増収となったものの、組織体制強化等による販管費増により減益となった。 売上高は65億35百万円(前年同期比2.9%増)、営業利益3億89百万円(同9.8%減)、経常利益3億82百万円(同7.4%減)、純利益1億85百万円(同34.9%減)となった。 売上高は、夏場の天候不順等により工事期間が伸び、納期が遅れる影響があったものの、期首の契約..

【銘柄フラッシュ】安永など急伸しZMP上場を前にフューチャーベンチャーキャピタルが急動意
 25日は、円相場が約8ヵ月ぶりの円安になる1ドル113円台後半に入ったため、カシオ計算機<6952>(東1)が7.1%高、2輪用クラッチなどのエフ・シー・シー<7296>(東1)は8.0%高などと円安関連株の中で出遅れ感のあった銘柄が活況高。ただ、全体相場を見るとTOPIX(東証株価指数)が24日までで10日続伸などと上げっぱなしのため利食いに傾く様子がみられ、自動車株などはマツダ<7261>(東1)が前場4.9%高まで上げて大引けは2.6%高、昨日5.2%高と目立って上げ..

【注目銘柄】エボラブルアジアは17年9月期も大幅増収増益予想、好業績評価して7月高値目指す
 航空券予約サイトのエボラブルアジア<6191>(東マ)に注目したい。11月14日発表した16年9月期連結業績が大幅増収増益となり、17年9月期も大幅増収増益予想である。株価は好業績を評価する形で水準を切り上げてきた。戻り歩調で7月の上場来高値を目指す展開となりそうだ。 16年9月期の連結業績は売上高が15年9月期比45.2%増の40億円、営業利益が同97.7%増の6億18百万円、経常利益が同87.0%増の5億71百万円、純利益が同97.3%増の3億40百万円だった。取扱高が..

【株式市場】後場軟調な場面みせるが日経平均は7連騰、TOPIXは11連騰で戻り高値
◆日経平均の終値は1万8381円22銭(47円81銭高)、TOPIXは1464.53ポイント(4.57ポイント高)、出来高概算(東証1部)は24億9278万株 25日後場の東京株式市場は、日経平均が終値ベースでの年初来の高値1万8450円98銭(1月4日)を前場一時更新したためか、後場の取引開始から野村ホールディングス<8604>(東1)の下げが目立つなど、午前中までの上げ相場に変調の兆しが出た。日経平均は急速に値を消しながら14時過ぎに一時44円91銭安(1万8288円50..

【株式評論家の視点】エディアは底値を確認、蒼の彼方のフォーリズムに期待感
 エディア<3935>(東マ)は、本年4月15日に東京証券取引所マザーズに上場。1999年の創業以来、いち早くエンタメ性を重視したモバイルサービスを提供している。2010年からはソーシャルゲーム、2013年からはスマホゲームの提供も開始。各アプリの企画、設計はもちろん、自社アプリの分析に基づく高いノウハウをもとに、各プラットフォーム、アプリケーションのジャンルに応じた細かなコンサルティングの提供を行っている。また、ゲームアプリを提供するために必要な、各プラットフォーム事業者へ..

ツインバード工業は子育てママが選ぶ大賞獲得など好感され年初来の高値
■「第8回マザーズセレクション大賞」に調理器具「ハンディブレンダー」 高機能家電などのツインバード工業<6897>(東2・売買単位100株)は25日の13時にかけて6%高の535円(30円高)前後で推移し、9月下旬以来約2ヵ月ぶりに年初来の高値を更新している。24日付で、子育て中のママが便利で役に立つ商品などを選ぶ「第8回マザーズセレクション大賞」(主催:特定非営利活動法人日本マザーズ協会)に同社の「ハンディブレンダー」(つぶす・ねる・まぜる、を一台でこなす調理器具)が選定さ..

【注目銘柄】デジタルアイデンティティは16年12月期業績予想に増額余地、好業績評価して戻り試す
 企業向けデジタルマーケティングのデジタルアイデンティティ<6533>(東マ)に注目したい。16年12期連結業績は大幅増収増益予想である。第3四半期累計の進捗率が高水準であり、通期予想に増額余地がありそうだ。株価は16年9月IPO後の売りが一巡し、好業績を評価して戻りを試す展開が期待される。 11月11日発表した16年12月期第3四半期累計(1〜9月)連結業績は売上高が35億58百万円、営業利益が2億23百万円、経常利益が2億18百万円、純利益が1億44百万円だった。運用型広..



FX外国為替証拠金取引FXの商材最新情報  FX外国為替証拠金取引FXの商材TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け