FX外国為替証拠金取引FXの商材 株式投資情報 9月4日

9月4日(火曜日)の株式投資情報です。(08時39分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【新規上場(IPO)銘柄】エーアイは「エーアイトーク」の採用増える、リバウンドはを広げるか注目
 エーアイ<4388>(東マ)は、6月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、音声合成事業を行っている。自社で開発した音声合成エンジン「AITalk(エーアイトーク)」を搭載した製品、サービスを幅広い分野で展開している。 「エーアイトーク」は、従来の機械音ではなく、人の声で合成する技術、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で自由に音声合成をすることが可能な、高品質音声合成エンジンで、日本語話者は大人から子供まで男女17種類、言語の種類は36種類以..

LIFULLは下値固め完了、18年9月期増収増益予想で19年9月期も収益拡大期待
 LIFULL<2120>(東1)は、不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営など不動産情報サービス事業を主力として、生活関連領域への事業展開を加速している。18年9月期増収増益予想である。そして19年9月期は買収したMitulaも寄与して収益拡大が期待される。株価は下値固め完了して出直りを期待したい。■不動産情報サービスが主力、生活関連領域への事業展開を加速 日本最大級の掲載件数を誇る不動産・住宅情報総合サイト「LIFULL HOME‘S」運営が主力のH..

ソーバルは調整一巡して出直り期待、19年2月期増収増益・連続増配予想で上振れ余地
 ソーバル<2186>(JQ)は、組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開している。19年2月期増収増益・連続増配予想である。そして上振れ余地がありそうだ。株価は6月高値から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。なお9月28日に第2四半期決算発表を予定している。■組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開 組み込みソフト開発、ウェブ・スマホアプリ開発、ハードウェア設計・開発などのエンジニアリング事業を展開している。 技術力と経験豊富な人材を合わせ持つ国内有..

エスプールは戻り高値圏、18年11月期2桁増収増益予想で上振れの可能性
 エスプール<2471>(JQ)は、ロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。18年11月期2桁増収増益・増配予想である。そして上振れの可能性が高いだろう。株価は調整一巡して戻り高値圏だ。5月の上場来高値を試す展開が期待される。なおJPX日経中小型株指数に採用された。また10月3日に第3四半期決算発表を予定している。■ロジスティクス、障がい者雇用支援、コールセンターなど人材サービス事業 ビジ..

生化学工業は戻り歩調、19年3月期減益予想だが1Qが高進捗率
 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。19年3月期は国内での薬価改定の影響、円高の影響、受取ロイヤリティーの減少で減益予想だが、第1四半期の進捗率は高水準だった。通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は戻り歩調だ。■関節機能改善剤アルツなど糖質科学分野が主力の医薬品メーカー 糖質科学分野が主力の医薬品メーカーで、国内医薬品(関節機能改善剤アルツ、白内障手術補助剤オペガン、内視鏡用粘膜下注入材ムコアップ)、海外医薬品(米国向け単回投..

トーセは下値固め完了して反発期待、19年8月期収益改善期待
 トーセ<4728>(東1)は家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手である。18年8月期は顧客要望による開発案件の中止や次期ズレ込み、受注計画見直しなどで減益予想だが、19年8月期の収益改善を期待したい。株価は下値固め完了して反発を期待したい。■家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手 家庭用ゲームソフト開発・制作請負の専業最大手で、デジタルエンタテインメント事業(ゲームを中心とするデジタルコンテンツの企画・開発・運営などの受託)、その他事業(東南アジア向けコンテン..

JFEシステムズは調整一巡して戻り歩調、19年3月期営業増益・増配予想
 JFEシステムズ<4832>(東2)はJFEグループの情報システム会社である。19年3月期はJFEスチール製鉄所システムなど需要が高水準に推移して営業増益・増配予想である。株価は調整一巡して戻り歩調だ。■JFEグループの情報システム会社 JFEグループの情報システム会社である。鉄鋼向け情報システム構築事業を主力として、ERPと自社開発ソリューションを組み合わせた一般顧客向け複合ソリューション事業、自社開発のプロダクト・ソリューション事業も強化している。 18年1月本社および..

日本エム・ディ・エムは戻り高値圏、19年3月期2桁営業増益・連続増配予想
 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。自社製品拡販が牽引して19年3月期2桁営業増益・連続増配予想である。株価は戻り高値圏だ。8月23日発表した骨接合材料新製品の薬事承認取得を材料視する形で急反発した。上値を試す展開を期待したい。■整形外科分野の医療機器専門商社、自社製品比率上昇して収益力向上 人工関節製品、骨接合材料、脊椎固定器具など整形外科分野を主力とする医療機器専門商社である。メーカー機能強化による高収益体質への転換を目指し、..

【銘柄フラッシュ】バリューデザインなど急伸し中央化学はバイオクラスチックで連日急伸
 3日は、日特建設<1929>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、麻生(福岡県)グループ企業によるTOB(株式公開買付)を受け、TOB価格780円に向けて12.6%高。 2位はディア・ライフ<3245>(東1)の7.0%高となり、業績見通しの増額修正が注目されて年初来の高値に接近。 アウンコンサルティング<2459>(東2)は中国の決済サービス企業との提携が連日材料視されて2日連続ストップ高の21.5%高。プレミアムウォーターホールディングス<2588>(東2)は先の四..

【株式市場】NY株式の休場を控え材料株など物色され日経平均は一時180円安となり続落
◆日経平均は2万2707円38銭(157円77銭安)、TOPIXは1720.31ポイント(15.04ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億8303万株 9月3日後場の東京株式市場は、今夜のNY株式市場がレイバー・デーの休場とあって様子見気分が強く、材料株や好業績株が個々に動意づく展開になった。日本航空<9201>(東1)が客席管理システム更新の効果が予想を上回り今期は一転増益の余地もといった報道などを受けて一段ジリ高となり、ファーストリテイリング<9983>(東1)や元..

エムスリーは分割相場への期待再燃とSMO事業の拡大などが材料視されて上場来の高値
■10月の株式分割(1株を2株に分割)の基準日を9月28日と発表 エムスリー<2413>(東1)は9月3日の後場、一段と強含む場面を見せ、14時40分を過ぎては5030円(135円高)前後で推移。株式分割などを調整後の上場来高値を約5か月ぶりに更新した。 株価材料が2件、出現しており、一つは株式分割への期待再燃。すでに7月に株式分割(1株を2株に分割)を10月に実施すると発表済みだが、1日付で、この株式分割の権利の基準日を2018年9月30日(同日は株主名簿管理人の休業日につ..

【9月の株主優待】愛眼、サガミチェーン、王将フードサービス、ソフトバンク、ベルーナなど
【9月の株主優待】(14)中日本興業<9643>(名2)優待品=劇場招待券売買単位=100株直近株価=10160円タナベ経営<9644>(東1)優待品=ダイヤリー手帳売買単位=100株直近株価=1781円よみうりランド<9671>(東1)優待品=入場パスなど売買単位=100株直近株価=4490円常磐興産<9675>(東1)優待品=優待券売買単位=100株直近株価=1849円ホウライ<9679>(JS)優待品=優待券売買単位=100株直近株価=2471円東京會舘<9701>(東..

【9月の株主優待】近鉄エクスプレス、テレビ東京、東映、共立メンテナス、東京テアトルなど
【9月の株主優待】(13)名古屋電鉄<9048>(東1)優待品=優待乗車券売買単位=100株直近株価=2555円センコン物流<9051>(JQ)優待品=米売買単位=100株直近株価=745円山陽電気鉄道<9052>(東1)優待品=乗車券など売買単位=100株直近株価=2585円神奈川中央交通<9081>(東1)優待品=乗車券など売買単位=100株直近株価=3730円神姫バス<9083>(東2)優待品=割引券など売買単位=100株直近株価=3810円北海道中央バス<9085>(..

アウンコンサルティングは中国の決済サービスとの提携が材料視され連日急伸
■値動きの軽さなど相場そのものに注目した資金の参入も急増 アウンコンサルティング<2459>(東2)は9月3日、朝方にストップ高の453円(80円高)で売買が成立した後、そのままストップ高買い気配を続け、後場も13時30分を過ぎて買い気配となっている。8月27日、「中国の決済サービス大手ラカラと一次代理店契約」と発表し、翌28日にストップ。さらに31日も一時ストップ高となった。この発表ニュースだけでなく、値動きの軽さと値幅妙味など、相場そのものに注目した資金の参加も急激に増え..

インターワークスが後場から急伸、給与即日払いサービスなどのペイミート提携
■製造業界向けの給与即日払いサービスを共同で開始と発表 インターワークス<6032>(東1)は9月3日の後場、急伸して始まり、13時にかけて一時18%高の969円(145円高)まで上げ、取引時間中としては8月1日以来の950円台回復となった。3日付で、給与即日払いサービス「Payme」などを提供する株式会社ペイミー(東京都渋谷区)との業務提携を発表。注目が集まっている。 発表によると、製造業界への給与即日払いサービスの提供を共同で開始する。インターワークスは、製造業・工場関連..

JSSは所属選手のアジア競技大会での活躍が材料視されて6日続伸
■競泳で瀬戸大也選手・五十嵐千尋選手・渡部香生子選手が「金」 ジェイエスエス(JSS)<6074>(JQS)は9月3日の後場、8%高の730円(52円高)で始まり、6日続伸基調となって出直りを拡大している。スイミングクラブ「JSS」を全国展開し、こアジア地域のオリンピックと位置付けられる「第18回アジア競技大会」(2018年8月18日〜9月2日(16日間)インドネシア)で、同スイミングに所属する選手の活躍が目立ったとして材料視する動きがある。 同社ホームページによると、所属す..

【株式市場】手控え気分が強く日経平均は一時137円安だが材料株などは活況高
◆日経平均は2万2751円13銭(114円02銭安)、TOPIXは1724.38ポイント(10.97ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億3927万株 9月3日(月)前場の東京株式市場は、米国とカナダのNAFTA(北米自由貿易協定)交渉が不調だったと伝えられた上、米トランプ大統領が「カナダは必要なし」とツイートしたと伝えられたことなどが言われ、手控え気分があり、自動車株や機械、精密機器などが重く、日経平均は45円安で始まった後9時40分にかけて137円48円安(2万272..

ロコンドは関係会社の売却益が材料視され大きく出直る
■売却益3億9700万円を特別利益として計上する見込みに ロコンド<3558>(東マ)は9月3日、11時にかけて7%高の1250円(77円高)まで上げ、大きく出直っている。靴とファッションの通販サイト「LOCONDO(ロコンド)」などを展開し、31日の取引終了後に、関係会社売却益の計上と今期・2019年2月期の業績見通しの増額修正を発表。好感されている。 発表によると、関連会社L Capital TOKYO株式会社の株式の30%を譲渡する契約を18年8月31日付けにて締結し、..

日本ギアは株主優待の保有株数を引き上げたため急落だが出来高急増
■下値では「買い」を敢行する参加者が一挙に急増 日本ギア工業<6356>(東2)は9月3日、11%安の480円(60円安)で始まったが、、10時を過ぎては490円(50円安)前後で推移し、出来高が急増している。31日の取引終了後、株主優待制度の変更を発表し、経営環境を踏まえ、優待対象の株主の保有株数を現行の「100株(1単元)以上」から「200株(2単元)以上」とした。 朝一番は売り先行となったが、始値を下値に持ち直しており、出来高が激増している。業績は2018年3月期に大幅..

新日本科学はSMO子会社の株式譲渡が注目されて戻り高値を連日更新
■100%子会社・新日本科学SMOの全株式をエムスリーに譲渡 新日本科学<2395>(東1)は9月3日、一段高で始まり、取引開始後に630円(23円高)まで上げ、連日の戻り高値更新となった。8月31日付で、臨床試験の支援などを行う100%子会社・新日本科学SMOの全株式をエムスリー<2413>(東1)に譲渡することを決議と発表。注目されている。 発表によると、新日本科学は、主たる事業領域として、前臨床事業とトランスレーショナルリサーチ事業への集中化を進めている。株式譲渡額は1..

【投資に役立つ決算説明資料】ラクーンの第1四半期決算資料
ラクーン<3031>(東1) ラクーン<3031>(東1)の第1四半期は、増収大幅増益と好調に推移した。EC事業は、売上高4億25百万円(同3.2%増)、セグメント利益1億67百万円(同10.9%増)となった。フィナンシャル事業は、売上高2億86百万円(同17.3%増)、セグメント利益37百万円(同39.3%増)と2ケタ増収大幅増益となった。

ケイアイスター不動産は連続最高益の見通しなど見直され逆行高
■11月から「ケイアイスタジアム」発足し営業力強化など期待 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は9月3日、取引開始後に2599円(29円高)をつけ、TOPIX(東証株価指数)やJPX日経400などの続落に逆行高となっている。先に発表した第1四半期の連結決算が前年同期比で売上高39%増加、経常利益31%増加となるなど大幅増収増益。全体相場が調整基調の中で、好業績が改めて見直されている。 埼玉県を地盤に展開し、通期の業績見通しは売上高や純利益などが連続最高を更新する見通し。..

パナソニックは9月中間配当の5円増額が好感されて日経平均に逆行高
■未定としていた2018年9月中間配当の見込み額を15円と発表 パナソニック<6752>(東1)は3日、取引開始後に1343.0円(16.5円高)まで上げ、反発して始まった。31日の取引終了後、未定としていた2018年9月中間配当の見込み額を15円(前年同期比5円増)と発表。日経平均が続落して始まった中で逆行高となっている。3月期末配当については、引き続き未定(前年同期は20円)とした。(HC)

日経平均は45円安で始まり米国とカナダの貿易交渉の不調など影響
 9月3日(月)朝の東京株式市場は、前週末のNYダウの2日続落(22.10ドル安の2万5964.82ドル)などを映し、日経平均は45円98銭安(2万2819円17銭)で始まった。一方、円相場は前週末の夕方に比べて対ドルで30銭ほど円安の1ドル111円15銭前後で始まった。 米トランプ大統領は米国時間1日、カナダとのNAFTA(北米自由貿易協定)について、「カナダは必要なし」とツイートしたと伝えられた。9月3日6時22分配信のロイター通信(ワシントン1日ロイター)は、「トランプ..

ジェイテックは下値切り上げて戻り歩調、19年3月期大幅増益予想
 ジェイテック<2479>(JQ)は技術者派遣の「技術商社」を標榜し、技術職知財リース事業を展開している。19年3月期は第1四半期が黒字化し、通期も大幅増益予想である。収益改善を期待したい。株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。■技術者派遣の「技術職知財リース事業」が主力 製造業の開発・設計部門に技術者を派遣する「技術職知財リース事業」を主力としている。専門教育による知識を基盤として、新たな付加価値を顧客に提供する社員を「テクノロジスト」と呼称し、一般的なエンジニアと区別している..



FX外国為替証拠金取引FXの商材最新情報  FX外国為替証拠金取引FXの商材TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け