FX外国為替証拠金取引FXの商材 株式投資情報 11月27日

11月27日(火曜日)の株式投資情報です。(06時04分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



セルシードが再生医療受託サービスを開始
■第1号案件を東京女子医科大学から受注 セルシード<7776>(JQG)は26日に、今期から事業開始予定としていた、再生医療受託サービスに関する第1号案件を東京女子医科大学から受注したと発表した。  今回の受託は、 日本医療研究開発機構(AMED)から東京女子医科大学先端生命医学研究所が採択された再生医療実用化研究事業「同種歯根膜由来間葉系幹細胞シートによる歯周組織の再建」における同種歯根膜由来間葉系幹細胞シートの製造関連業務。 なお、東京女子医科大学は同件に関連して、今年8..

【銘柄フラッシュ】アルメディオが急伸し大阪万博を材料に櫻島埠頭やシード平和など高い
 11月26日は、アゴーラ・ホスピタリティー・グループ<9704>(東1)が29.6%高となって東証1部の値上がり率1位に入り、ホテルを経営するため、2025年万博の大阪開催決定を受けて連想が波及し、株価2ケタのため「率」の妙味も再燃とされて急伸。 gumi<3903>(東1)はストップ高の16.2%高となり値上がり率2位。「乃木坂46」のメンバーが出演するプロジェクトのひとつとしてスマートフォン向けゲーム「乙女神楽」の制作を決定したとされ材料視。 日総工産<6569>(東1..

トーソーは天然木の美しい木目を生かしたウッドブラインド新製品を12月3日(月)より全国で発売
■一般住宅でもウッドブラインドを取り付ける人が増加 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、天然木の美しい木目を生かしたウッドブラインド新製品を12月3日(月)より全国で発売する。 最近、天然素材への人気が高まり、ナチュラルテイストのインテリアを好むユーザーの中では、一般住宅でもウッドブラインドを取り付ける人が増えてきている。同社では、そのような状況をふまえ、新シリーズをはじめ個性豊かなウッドブラインドを揃えて様々なテイストを網羅し、関連アイテム等と併せ..

パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第五弾を会員限定で公開
■経済産業省は「社会人基礎力」を約10年ぶりに見直す パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業のパイプドビッツ内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、全国2.4万人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第五弾を、11月22日に会員限定で公開した。

【株式市場】日経平均は一時191円高まで上げ大阪万博による景気の長続きに期待
◆日経平均の終値は2万1812円00銭(165円45銭高)、TOPIXは1632.20ポイント(3.24ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億3908万株 11月26日後場の東京株式市場は、引き続き、2025年の万博開催地が大阪に決定したことを受け、東京五輪後も景気が持続する要因とされて株価指数の先物が強く、個別株も海洋土木の五洋建設<1893>(東1)や警備保障のセコム<9735>(東1)などが一段高。日経平均も13時前には前場の高値(169円00銭高の2万1815円..

クリナップはホームページ内のWEBコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」をリニューアル
■キッチンやバスルームの年末の大掃除に役立つ情報が満載 クリナップ<7955>(東1)はホームページ内のWEBコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」をリニューアルし、11月22日に公開した。キッチンやバスルームの年末の大掃除に役立つ情報が満載となっている。 「ぴかぴか大掃除計画」は、キッチンとバスルームの掃除をわかりやすい写真とともに解説している。特別な道具や洗剤を使わず、身近なものでキレイにできるコツを満載していることから、好評なコンテンツといえる。今回、キッチン編のワークトップ..

BEENOSは自社株買いなど好感され大きく反発
■11月26日から19年2月25日まで21万株を上限に実施 BEENOS<3328>(東1)は11月26日、大きく反発し、後場は10%高の1583円(140円高)まで上げて一段と強含んでいる。前取引日の夕方、自己株式の取得(自社株買い)を発表。材料視されている。 取得株式の総数は21万株(上限、発行済み株式総数の1.72%)、取得期間は11月26日から19年2月25日まで。取得価額の総額は4億円(上限)。 ネット通販を行う持株会社。日本で初めて、購入者が多くなるほど販売価格が..

ドンキホーテHDが連日高値、業態転換店の好調さうかがえ注目強まる
■「昨年に業態転換した6店舗は当初計画を上回る業績」と ドンキホーテホールディングス(ドンキホーテHD)<7532>(東1)は11月26日の後場、14時を過ぎて7690円(190円高)前後で推移し、3日続伸基調。20日付で、2019年の業態転換第2弾として、総合スーパー「アピタ」及び「ピアゴ」の6店舗を全館リニューアルオープンすると発表。これに関連して「2018年に業態転換した6店舗は、ユニーのノウハウとドン・キホーテの時間消費型の店舗作りが有機的に結合した結果、当初計画を上..

AMBITIONは家電操作が可能な最新IoT機器への注目が再燃し反発基調
■IoT機器に認証マークとの報道を機に入居者サービスに注目集まる AMBITION(アンビション)<3300>(東マ)は11月26日、反発基調となり、後場は13時にかけて1043円(25円高)前後で推移している。「IoT機器に認証マーク発行へ」(NHKニュースWEB11月26日08時38分より)と伝えられ、11月初に自宅や外出先から家電の操作が可能な最新IoT機器「VERIOT(ヴェリオ)」の導入を発表したことを想起して注目する動きがある。 プロパティマネジメント(賃貸住宅管..

リプロセルが後場急伸、希少疾病用に「ステムカイマル」指定と発表
■再生医療製品、このたび厚生労働省の技術部会で指定される リプロセル<4978>(JQG)は11月26日の後場、急伸して始まり、取引開始後に14%高の270円(33円高)まで上げて大きく出直っている。同日付で、「再生医療製品ステムカイマルの希少疾病用再生医療等製品の指定の了承について」を発表しており、注目集中となった。 発表によると、同社が開発中の再生医療製品「Stemchymal(以下、ステムカイマル)」が、希少疾病用再生医療等製品として、この度、厚生労働省の薬事・食品衛生..

【株式市場】大阪万博の決定など好感され関連株がにぎわい日経平均も169円高
◆日経平均は2万1815円55銭(169円00銭高)、TOPIXは1633.50ポイント(4.54ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億9873万株 11月26日(月)前場の東京株式市場は、大阪での万博開催が決定したことによる景気持続への期待や為替の円安基調などを受け、候補地の夢洲(ゆめしま)に土地を持つとされたヨコレイ<2874>(東1)や港湾事業を行う櫻島埠頭<9353>(東2)、地元の森組<1853>(東2)をはじめとする建設株などが活況高となった。日経平均はウネリ..

ロコンドが8%高、前回の「月次受注高」62%増加し次の発表に期待強まる
■EC事業全体の受注高が10月は前年同月比62%増加 ロコンド<3558>(東マ)は11月26日、再び出直りを強め、11時にかけて8%高の1868円(143円高)まで上げて出来高も増勢となっている。靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」の運営などを行い、11月初に発表した10月の「月次報告」で、EC事業全体(LOCOMALL含む)の受注高が前年同月比62%増加したと発表。これに続く12月初の発表に期待が強まったとの見方が出ている。(HC)

サンバイオが再び高値、本日12時30分頃、日経CNBCに森社長が出演と伝わる
■外傷性脳損傷を対象とした再生細胞薬「SB623」への期待続く サンバイオ<4592>(東マ)は11月26日、一段高となり、大きく出直り、10時40分過ぎに7%高の8490円(590円高)まで上げて4取引日ぶりに上場来の高値を更新した。引き続き、開発中の外傷性脳損傷を対象とした再生細胞薬「SB623」への期待を材料に需給相場の色彩を濃くする展開だが、「11月26日、12時30分頃、日経CNBC『昼エクスプレス』内、トップに聞くに、当社社長の森が出演」と22日付で発表しており、..

カーリットホールディングスは調整一巡感、19年3月期2桁営業増益予想で2Q累計順調
 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、化学品事業、ボトリング事業、産業用部材事業を展開している。19年3月期2桁営業増益予想である。第2四半期累計は大幅増益と順調だった。株価は10月の年初来安値から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。■化学品、ボトリング、産業用部材を展開 M&Aを積極活用して規模拡大と事業多様化を推進し、化学品事業(産業用爆薬、自動車用緊急保安炎筒、危険性評価試験、電池受託評価試験、塩素酸ナトリウム、ロケット固体推進薬原料、電..

森組がストップ高、「大阪万博」が材料視され大阪銘柄である点も寄与
■業績見通し増額後ストップ高、値幅を狙う向きの注目度も高い様子 森組<1853>(東2)は11月26日、買い気配を上げてストップ高の529円(80円高)で始まり、戻り高値を更新。大阪での万博開催が24日決定したことを受け、大阪本社の土木建設会社として注目が集中したようだ。 11月9日に業績見通しの増額修正を発表し、翌取引日に一時ストップ高の急伸を演じた。このため、値動きの軽さが印象付けられたようで、短時間で値幅を狙う向きの注目度が高いとされている。(HC)

積水化成品が7%高、「大阪万博」に向け軽量盛土工法など注目される
■航空会社の機内食用にも使われる食品容器などにも連想が波及 積水化成品工業<4228>(東1)は11月26日、取引開始後に7%高の1009円(63円高)と出直りを強め、ほぼ1週間ぶりに4ケタ(1000円台)を回復した。建設・土木の分野でも自社製品を応用した軽量盛土工法の「EPS土木工法」、軽量の人工土壌による「スーパーソイレン工法」などを展開し、大阪での万博開催が24日決定したことを受けて連想を膨らませて注目する動きがあるという。大阪銘柄という点でも人気を集めやすいとの見方が..

「大阪万博」決定し南海辰村建設が急伸など建設株が一斉高
■櫻島埠頭は買い気配のままストップ高に迫る 「2025年万博、大阪で開催決定、55年ぶり2回目」(NHKニュースWEB2018年11月24日4時41分より)と伝えられ、11月26日朝の東京株式市場では、地元の建設大手、南海辰村建設<1850>(東2)が取引開始後に12%高の630円(69円高)と急伸し、総合大手の大成建設<1801>(東1)、大林組<1802>(東1)など、建設株が一斉高となっている。 開催候補地の近隣に土地を持つとされる櫻島埠頭<9353>(東2)は買い気配..

日経平均は寄りあと90円高となり円安や大阪での万博開催など寄与する様子
 11月26日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が1円14銭高(2万1647円69銭)で始まったあと、高下しながら92円高と上値を追っている。円相場が前週末の夕方に比べて20銭前後の円安となり、大阪で2025年の万博開催が決定したことも材料になっているようだ。 前週末のNYダウは4日続落し、終値は178.74ドル安(2万4285.95ドル)。ただ、アップルの2.5%安の影響が大きく、1銘柄でダウを30ドル引き下げたと伝えられた。(HC)

【どう見るこの相場】逆手の「麦わら帽子は夏に買え」セオリーで冬支度銘柄に網を張り「掉尾の〇.五振」期待も一考余地
 年末相場にサプライズはあるのか?「掉尾の一振」は望めるのか?――――すべての市場参加者が、交錯させている期待と不安であると推察される。なぜなら日経平均株価も、ニューヨーク工業株30種平均も、いずれもが昨年2017年の大納会終値を下回り、1年間の投資パフォ−マンスがマイナスとなる「全員負け相場」となっているのは間違いないからで、マーケットを引っ掻き回し、上手く立ち回ったようにみえた海外ヘッジファンドさえ、年末を前に解約に怯えているらしいという情報が漏れ聞こえてくる。

ケンコーマヨネーズは売り一巡、20年3月期の収益改善期待
 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品およびサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。19年3月期業績・配当予想を下方修正したが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は水準を切り下げる軟調展開だったが、売り一巡感を強めている。反発を期待したい。

綿半ホールディングスは調整一巡して反発期待、19年3月期増益予想で2Q累計概ね順調
 綿半ホールディングス<3199>(東1)はスーパーセンター事業、建設事業、貿易事業を展開している。19年3月期は先行投資負担を吸収して増益予想である。第2四半期累計は概ね順調だった。11月21日にはネット通販強化に向けてアベルネットの株式取得(連結子会社化)を発表した。株価は年初来安値圏だが調整一巡感を強めている。反発を期待したい。

ケイアイスター不動産は売り一巡して反発期待、19年6月期大幅増収増益・増配予想で高配当利回りも見直し
 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は、首都圏中心に戸建分譲などの不動産事業を展開し、M&A・アライアンスも活用して「不動産×IT」の実現を目指している。19年3月期大幅増収増益・増配予想で、第2四半期累計は順調だった。株価は年初来安値圏だが、売り一巡して反発を期待したい。4%台の高配当利回りも見直し材料だ。

CRI・ミドルウェアは調整一巡して出直り期待、19年9月期利益横ばい予想
 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。18年9月期はゲーム分野のスマホ向けの好調が牽引して計画超の大幅増収増益だった。19年9月期は成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としているが、好業績を期待したい。株価は10月の年初来高値から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。

立花エレテックは調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計順調で通期予想は保守的
 立花エレテック<8159>(東1)は産業用機器・電子部品などを扱う技術商社である。19年3月期第2四半期累計は2桁増益で過去最高益更新と順調だった。通期は利益横ばい予想だがやや保守的だろう。配当は第2四半期末を上方修正した。通期も増配予想である。株価は年初来安値圏だが調整一巡して反発を期待したい。

スリープログループはレンジ下限から反発の動き、18年10月期大幅増収増益予想
 スリープログループ<2375>(東2)は、販売支援サービスやヘルプデスクなどのBPO事業を主力として、レンタルオフィス提供のコワーキングスペース事業も展開している。18年10月期大幅増収増益予想である。19年10月期も収益拡大を期待したい。株価はボックス展開だがレンジ下限から反発の動きを強めている。出直りを期待したい。



FX外国為替証拠金取引FXの商材最新情報  FX外国為替証拠金取引FXの商材TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け