FX外国為替証拠金取引FXの商材 株式投資情報 11月9日

11月9日(土曜日)の株式投資情報です。(14時03分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



スターティアホールディングスの今期第2四半期は、11月6日に上方修正し、当初予想を大幅に上回る好業績で着地
■消費増税の影響による駆け込み需要により売上好調 スターティアホールディングス<3393>(東1)の今期第2四半期は、11月6日に上方修正し、当初予想を大幅に上回る好業績で着地した。 好業績の要因としては、消費増税の影響による駆け込み需要によりUTM(統合脅威管理)、ネットワーク機器、MFP(複合機)販売を中心に好調に推移したことと、利益面ではコスト削減に努めたことに加え、人材関連費用が下期にずれ込んだことなどを挙げている。

トランザスが凸版と共同でホテル向けインフォメーションサービスを提供開始
■客室テレビに挿すだけで使える トランザス<6696>(東マ)は、凸版印刷<7911>と共同で、テレビにスティック型端末を挿入するだけで、施設インフォメーションや、周辺観光情報、クーポンなどの提供が可能なホテル向けインフォメーションサービスの提供を開始した。

綿半HDの10月全店は売上・客単価ともにプラス継続
■SNSでのクーポン配信や寄せ植え教室等のワークショップを開催 綿半ホールディングス<3199>(東1)は8日、10月月次(スーパーセンター事業19年10月度の速報値)を発表し、全店売上高は前年同月比109.3%、既存店が92.4%だった。全店は18年12月にネット通販のアベルネットがグループ入りしたことにより、売上・客単価は11ヶ月連続でプラスとなった。アベルネットは、通販サイト「PCボンバー」のブランドで家電・パソコン等を競争力のある価格で販売するインターネット通販事業を..

ソフトクリエイトホールディングスはECビジネス活況を背景に、第2四半期の売上高は前年同期比29.9%増と大幅増収
■「ecbeing」を活用したECソリューション事業と「SCクラウド」の拡大に注力 ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東1)はECビジネス活況を背景に、第2四半期の売上高は前年同期比29.9%増と大幅増収となった。 同社は、ECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」という大ヒット商品を背景に過去最高売上高を更新中である。ecbeingの国内ECサイト構築実績は1100サイトを突破し、富士キメラ総研社「富士マーケティング・レポート」ECサイト構築ソリューション..

エフティグループの第2四半期は増収増益と堅調に推移
■継続的に収入が得られるストック型サービスの企画開発販売に注力 エフティグループ<2763>(JQS)は、法人向け環境関連商品・情報通信機器販売などを展開し、M&Aも積極活用してストック型収益・業容拡大戦略を推進している。なお、今期より、国際財務報告基準(IFRS)に移行している。 20年3月期第2四半期は、売上収益229億83百万円(前年同期比2.0%増)、営業利益36億14百万円(同17.6%増)、純利益22億26百万円(同4.5%増)となった。

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を11月19日(火)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
■ミニ株式講演会も同時開催 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、2019年11月19日(火)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。 11月19日(火)は、第1部で東証1部上場・株式会社ピックルスコーポレーション(証券コード=2925)の代表取締役社長・宮本雅弘氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・GMOクラウド株式会社(証券..

ケンコーマヨネーズの第2四半期は増収増益と堅調に推移
■営業利益率の改善進む ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の第2四半期は、増収増益と堅調に推移した。 同社の売上高は、年々拡大し、過去最高を継続中である。しかし、利益面については、18年4月にダイエットクック白老(北海道)の新工場が稼働し、同年6月には関東ダイエットクック神奈川工場(神奈川県)が稼働したことで、人員面での先行投資や立ち上げ関連費用が先行したことで、前19年3月期は、減益となった。 今回の決算で注目されることは、営業利益率の回復である。前期より稼働した2工場..

フォーカスシステムズの今期第2四半期は増収増益と好調に推移
■進捗率を見ると通期の上振れも期待できそう フォーカスシステムズ<4662>(東1)の今期第2四半期は、増収増益と好調に推移している。 同社は、公共関連、民間関連のシステム構築・保守・運用・管理サービスを主力として、セキュリティ機器関連事業も展開している。今期は、業務効率化に加え、 「医療画像判定をAI化するシステムの開発」や「AIによるファッションショー演出の実証実験」、「Goog le Cloudパートナープログラムにおけるパートナー認定の取得」等、先端技術を活用した取組..

アーバネットコーポレーションの第1四半期は計画通りに推移し通期11%営業増益の予想など継続
■減収減益だが事業特性によるもので純利益も通期で11%の増加を予想 アーバネットコーポレーション<3242>(JQS)の2020年6月期・第1四半期の連結決算(2019年7〜9月)は、ほぼ期初の販売計画通りに推移し、売上高は前年同期比33.6%減の43.57億円となった。 前年同期比で減収となったが、これは、同社グループの主要事業である投資用ワンルームマンションなどの開発・1棟販売(卸売)という事業形態によるもので、個々の物件により売り上げ計上する価格や時期が大きく異なること..

【株式市場】日経平均は後場低空飛行だが堅調に推移し高値を更新
◆日経平均は2万3391円87銭(61円55銭高)、TOPIXは1702.77ポイント(4.64ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億2680万株 11月8日(金)後場の東京株式市場は、米国株の最高値を受けて一段の利下げ期待は後退したとされ、日本の長期金利も強含んで推移。これを受け、個別物色の色彩が濃くなった。7日に四半期決算を発表したテルモ<4543>(東1)がほぼ本日の高値圏で推移し、6日発表の日東紡<3110>(東1)は再び上値を志向。14時に四半期決算と業績予想..

ソウルドアウトが後場一段高、期初から次第に減益率が改善し売上高は拡大
■四半期ごとに改善してきた形のため注目強まる ソウルドアウト<6553>(東1)は11月8日の後場、一段高となり、14時過ぎに15%高の1597円(214円高)まで上げて8月27日以来の1500円台となっている。 中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援などを展開。7日発表した第3四半期の連結決算(2019年1〜9月、累計)は営業利益が前年同期比29%減となったが、今期は期初から人材への先行投資による人員増などで人材関連の先行費用を計上する推移となっており、営業利益は..

加賀電子は第2四半期の営業・経常利益が最高を更新し一時17%高
■営業利益は通期予想の75%を確保、業績上振れ期待が強まる 加賀電子<8154>(東1)が11月7日発表した第2四半期の連結決算(2019年4〜9月、累計)は、EMS(受託製造)ビジネスを中心とした電子部品事業が堅調に推移した上、19年1月にグループ会社となった富士通エレクトロニクス(非上場)の収益が期初から寄与したことなどにより、売上高が前年同期比99.9%増の2306.30億円となり、営業利益は同軸38.9%増加して52.39億円となった。 営業利益は通期業績見通し(後段..

【株式市場】日経平均は朝方219円高まで上げたが前引けにかけては値を消す
◆日経平均は2万3352円10銭(21円78銭高)、TOPIXは1770.68ポイント(2.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増加して8億5920万株 11月8日(金)前場の東京株式市場は、米国と中国が上乗せ関税の段階撤廃で合意と伝えられ、NYダウの2日ぶり最高値などを受け、日経平均は219円高で始まった。7日に四半期好決算と自社株買いを発表した三越伊勢丹HD<3099>(東1)、ニコン<7731>(東1)が活況高など、好業績株が強い。日経平均は260円77銭高(2万..

雪印メグミルクが戻り高値を更新、第2四半期の営業利益11%増加
■通期予想は全体に据え置いたが6割近くを確保し上振れ期待が 雪印メグミルク<2270>(東1)は11月8日、11時過ぎから一段高となり、2778円(173円高)まで上げて戻り高値を大きく更新した。11時に第2四半期の連結決算(2019年4〜9月、累計)などを発表し、連結営業利益は前年同期比10.9%増の106.37億円。通期予想は全体に据え置いたが、この予想営業利益180億円(前期比4.5%の増加)の6割近くを確保したため上振れ期待が出ている。(HC)

【編集長の視点】イトーキは続落も3Q決算に期待し好形チャートを手掛かりに値ごろ割安株買いが継続
 イトーキ<7972>(東1)は、前日7日に11円安の479円と続落して引けた。ただ取引時間中は、長大下ヒゲを伸ばして下値を確認したが、大引けでは25日移動平均線を上回っており下値には割安修正期待の買い物が続いた。同社株は、今年11月11日に今2019年12月期第3四半期(2019年1月〜9月期、3Q)決算の発表を予定しており、この業績期待とともに、株価がダブルボトムから大きく上ぶれてネックラインを突破、25日移動平均線が75日線を上抜くゴールデンクロス(GC)を示現するなど..

【株式評論家の視点】Welbyはスズケンと資本業務提携を締結、PHRソリューションの普及推進等行う
 Welby(ウェルビー)<4438>(東マ)は、本年3月29日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、2011年から「PHR(Personal Health Record)プラットホームサービス」を提供するリーディングカンパニーとして、様々な疾患領域の患者さんを対象とする、治療支援デジタルサービスの企画・開発・運用をしている。 提供するPHRサービスの一つ「Welbyマイカルテ」は、糖尿病、高血圧などの生活習慣病患者を対象に、血糖値や血圧などの自己管理を支援するスマートフォ..

ハウテレビジョンは反発の動き、20年1月期大幅増収増益予想
 ハウテレビジョン<7064>(東マ)は就活サービス「外資就活ドットコム」運営を柱として、キャリアプラットフォーム事業を展開している。20年1月期大幅増収増益予想である。株価は8月の上場来安値で底打ちして反発の動きを強めている。出直りを期待したい。

ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期配当を増額修正、株主優待制度も導入
 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は漬物・キムチ製品の最大手である。主力の「ご飯がススム キムチ」ブランド力が向上し、惣菜製品の強化、ECや外食・飲食といった新規領域への展開を推進している。20年2月期大幅増益予想である。さらに再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。なお11月7日に配当予想の増額修正および株主優待制度の導入を発表した。株価は9月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期予想を上方修正、さらに再上振れ余地
 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器専門商社である。米国子会社製品の拡販を推進し、自社製品比率上昇で収益力が向上している。20年3月期第2四半期累計が計画超の大幅増益となり、通期予想も上方修正した。さらに再上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は年初来高値を更新する展開で03年以来の高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。

ラクーンホールディングスは上値試す、20年4月期大幅増益予想
 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は、企業間ECサイトのスーパーデリバリー運営を主力として、EC事業およびフィナンシャル事業を展開している。20年4月期大幅増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は10月の戻り高値圏から反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。なお12月5日に第2四半期決算発表を予定している。

ナルミヤ・インターナショナルは調整一巡、20年2月期営業・経常増益予想
 ナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)はベビー・子供服の企画販売を展開している。20年2月期はSC・ECチャネルの好調が牽引して営業・経常増益予想である。既存店売上は堅調に推移している。収益拡大を期待したい。株価はボックス展開だが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。

ピックルスコーポレーションは期末配当を上方修正し、株主優待を導入
 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は、期末配当を上方修正し、株主優待を導入することとなった。 期末配当を28円としていたが、30円とし、2円増配することとなった。 また、株主優待として、100株以上の株主に同社グループの商品詰め合わせセット(1500円相当)を贈呈することも決定した。 同社は、毎期、最高益更新を継続するほど業績は好調に推移していることもあり、株主優遇策として、今回の増配、株主優待制度の導入を行うこととなった。

JPホールディングスの第2四半期は増収大幅増益
■第2四半期連結累計期間に保育所10園、学童クラブ2施設を開設 JPホールディングス<2749>(東1)の第2四半期は、増収大幅増益となった。 第2四半期連結累計期間に、保育所10園(東京都9園、滋賀県1園)、学童クラブ2施設(東京都2施設)の計12施設を開設し、事業の拡大は順調に進んでいる。 その結果、20年3月期第2四半期連結業績は、売上高155億17百万円(前年同期比8.7%増)、営業利益4億96百万円(同194.9%増)、経常利益7億44百万円(同86.4%増)、純利..

うかいの第2四半期は、物販事業が好調で増収増益
■事業本部、文化事業ともに増収 うかい<7621>(JQS)の第2四半期は、物販事業が好調で増収増益となった。 事業本部において、前期より継続している和食郊外店の客足の伸び悩みもあったが、物販事業が好調なことから、売上高は63億48百万円(前年同四半期比2.8%増)となった。 文化事業は『箱根ガラスの森』において2019年4月から11月まで「2019年特別企画−アドリア海の新しい風、芸術と技の結晶− ピカソ・シャガールたちのヴェネチアングラス彫刻展」を開催している。この特別企..

加賀電子の今期第2四半期は大幅増収増益
■富士通エレクトロニクスの収益が寄与したことに加え、EMSビジネスを中心とした電子部品事業が堅調に推移 加賀電子<8154>(東1)の20年3月期第2四半期は、大幅な増収増益となった。要因は、富士通エレクトロニクスの収益が寄与したことに加え、EMSビジネスを中心とした電子部品事業が堅調に推移したことによる。 その結果、20年3月期第2四半期は、売上高2306億30百万円(前年同期比99.9%増)、営業利益52億39百万円(同38.9%増)、経常利益55億46百万円(同37.0..



FX外国為替証拠金取引FXの商材最新情報  FX外国為替証拠金取引FXの商材TOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け